精力剤

アルギニンL5000

精力剤にアルギニンを選んだ理由

 

アルギニンは精力剤ではない!と私は思います。

 

でも私はセックスのためにアルギニンを使っている。それは紛れもない事実。だって、精力剤をネットで買おうとしていろいろ調べて見つけたのがアルギニンだったのだから。だから、アルギニンは精力剤にもなる!っていうのがきっと正しい。

 

彼女とのセックスをもっと充実させたい。旅行中、寝不足の日、仕事で疲れている日、彼女のなんとはなしの誘いを、勘弁してくれと言わんばかりのおざなりの愛撫でごまかすのはもう嫌だ。これでもまだ20代。いろいろ性欲どころじゃない理由はあるにしろ、これじゃあまりにもかっこ悪い。そのうち彼女の堪忍袋の緒が切れて、浮気しちゃったらどうしよう。そんなのみじめだしもっとかっこ悪い。

 

男としての魅力一つに絶対セックスがあると思います。独りよがりなセックスではなく、包容力と余裕を持ったセックスができる男になりたい。

 

理想の自分、理想のセックス。そういうものを求めて精力剤をってはじめは考えたけど、そんな私が行き着いたのがアルギニン。だって、アルギニンは勃起をサポートしてくれるだけでなく、私のような男を芯からタフにしてくれるアミノ酸だから。

 

その場しのぎの精力剤もいいでしょう。でも私は、いつも、いつでも期待に応えられるものを持っていたいんだ。心から気持ちが良いセックスがしたいんだ。アルギニンにはその力がある。そう思ったから、私はアルギニンを選んだんです。

 

 

20代が精力剤に頼りたくなるとき

 

正直なところ、私はまだ精力剤を使うような歳ではないのかもしれません。

 

だけどたまには精力剤のようなものに頼りたくなることもあります!

 

今夜は絶対3回はやると意気込んでいるとき。彼女と旅行なんかに行って、観光もセックスもしっかり楽しみたいとき。疲れてるのかなんなのか、なんとなく性欲がないなと思うとき、などなど。

 

若くてもいつも性欲が旺盛な訳じゃないし、いつでも彼女の期待に応えられる訳でもない。特にストレスが溜まっているときなんかは極端に下半身の元気がなくなっていると感じることがあります。

 

例えば、明日は早く起きなきゃいけないってとき、なんとなくそういう雰囲気になって、でも明日しんどいなあ、なんて考えてしまう、そんな瞬間、だんだん若さがなくなってきたなって思います。コンビニなんかにいくと精力剤が売ってるのが目につくけど、見るからに精力剤って感じだしやっぱりまだこれに頼る歳じゃないよなって思う。

 

ドンキホーテとか薬局とかならもっと買いやすいかな、一度試しに使ってみようかなと思っても、わざわざそれを買いに行くかとなると違うし、そもそもいつも必要って訳じゃないから、必要性を感じたときに買いに行ってたのでは遅い上に必至すぎてなんか恥ずかしい。

 

そういうときこそネット通販です。ネット通販なら少々恥ずかしいものでも誰にも顔を合わせずに買えて、プライベートなものというかプライバシーに関わるものは中身が分からないように届けてくれるのが普通ですよね。

 

いざ精力剤のランキングサイトとかいろいろ調べてみると、やっぱりマカとかスッポン、コブラってのは知っているからかよく目につく。絶対入ってると言っても過言ではないってくらい入ってる。

 

こういう精力剤のイメージとしては体がギラギラ熱くなって、エネルギーがあふれてくる感じ。血が沸騰するみたいでもうバーサーカー状態。これで少々激しいこともできるかもしれない!快楽を貪れるかもしれない!

 

でも待てよ、これって本当に自分が求めていたものか?

 

 

精力剤未体験者の葛藤

 

精力剤のことを調べていて、怖くなったことがいくつかあります。

 

まず、私みたいな若い人が血のたぎるような精力剤を飲んで、かえって体調を崩したりすることはないのかってこと。体に悪いものって訳じゃないのは分かっているけど、鼻血が出たり、血圧が上がってフラフラになったりくらいはするんじゃないか?

 

あと、一度精力剤を使うと、精力剤がないとなんだか物足りなくなってしまわないかってこと。反動で普段思ったように下半身に力が入らないってことも起こるんじゃないか。

 

それに加えて、私が求めているセックスは自分の欲望に身を任せ、力を誇示するかのように激しく突き入れることなのか?という疑問も湧いてきました。

 

たまにはそういうのもいいかもしれないけれど、征服感とか気持ち良いのかもしれないけれど、激しいから良いと思い込んでるのはいわゆるAVの知識だけの勘違いってやつなんじゃないのか?

 

私は彼女にそんな風に思われたくない。わざわざ精力剤を買って、一人で熱くなって乱暴なセックスをして、気持ちよさを強要するようなことはしたくない。もちろん精力剤を使ったからと言って自分が抑えられなくなるとかではないと思うけど、若い自分がそんなものに頼って、何か勘違いをしてしまったらと思うと少し怖い。

 

私が求めるセックスは、あくまで彼女の要望に応えられる男らしさと余裕を持つことだ。

 

ただの性欲処理ならオナニーで良いし人肌恋しいなら風俗でも良い。そういうときにちょっと精力剤とか栄養ドリンクを飲んで奮闘するのはいいかもしれないけれど、私の場合、セックスはもっと日常的なものだし、いざってときにしたくても出来ないとか自信がないとかっていうのが嫌なんだ。

 

男の性欲の前に思いやりとか心の繋がりとかって綺麗ごとかもしれないけれど、私はただ一方的にズンズン興奮して、一人で満足するのは恥ずかしいと思う。それじゃあ彼女とか、セックスをするパートナーとかがいる意味がまるでないじゃないか。

 

だけど、やっぱり栄養剤とか精力剤に頼りたくなることはけっこうあります。人より体が弱いとかではないと思いますけど。

 

ああそういえば、マカとかってよく聞くけど、どうして精力剤って一体何なんだろう。

 

セックスに備えて精力剤を飲むわけ

 

マカとかスッポンとかってそもそもなんで精力剤になるんだろう?

 

そこが気になった私は、とりあえずそれらの成分について検索してみました。

 

マカの成分を見ると、アミノ酸がやたら豊富。聞いたことないアミノ酸までおそらくだけどバランス良く含まれている。

 

スッポンも、アルギニンとか亜鉛とかって栄養素が含まれてるらしい。そういえば亜鉛はセックスミネラルとかって言うこともあるって聞いたことあるしすぐに納得。

 

サプリメントとかだと違うと思うけど、スッポンには食いついたら話さない粘り強さってイメージにその気になったり、昔なら生き血をのむ行為そのものに野性的な興奮をしたりってことも関係していたのかもしれません。

 

いずれにせよ、マカとかスッポンとかって精力を高めるアイテム的なイメージがあったけど、しっかり科学的な根拠があってのものなのですね。

 

アミノ酸っていうのも、そういえば昔スポーツをしていた頃は筋肉トレーニング後に飲んだりしてたな。疲労回復のための栄養だと思ってたけど、精力剤としても効果があるってことなんですね。

 

マカ、スッポン、アミノ酸、ミネラル、精力、勃起。

 

そんな風にどんどん調べて言ったら、亜鉛はやっぱり精子?精液?を増やす効果があるとか、ハゲ予防になるとかって情報がたくさん。

 

アミノ酸の中では断トツでアルギニンとかシトルリンっていうのが勃起とかEDに関係しているみたい。

 

これは、私のイメージかもしれないけど元は疲労回復とかスポーツにつきものって感じの成分だったから、精力剤って感じはしない。シトルリンってあんまり聞いたことなかったけど、アルギニン入ってるスポーツドリンク飲んでたことあったもん。

 

これは高校時代に飲んでたものだし、怖いものではないでしょう。

 

アルギニンとシトルリンね、と思って詳しく調べてみると、これはいいかもしれないって思ったんです。

 

アルギニンやシトルリンに注目

 

アルギニンとかシトルリンって、精力剤って言うとなんか違うのかもしれないって思いました。でも、EDの改善とか、勃起力アップとか、ペニス増大とか、そんなことが書いてあるサイトもちらほら。

 

高校時代よく飲んでたアルギニンについてもっと詳しく調べてみたら、成長ホルモンの分泌を促して疲労回復効果を高めることができるとかって書いてあった。

 

回復力を高めることができるから筋肉の増強にも一役買うらしい。ああ、高校時代にトレーニング後にアミノ酸が良いって言ってたのはこのことだったのかとちょっと納得です。

 

ED改善や勃起力アップに関しては、アルギニンが一酸化窒素っていうのを作ることと関係があるようで、このガスが血管を拡張させ、血流を促すからペニスがパンパンに勃起するってことのようです。勃起のことだけじゃなくて、血圧も下げる効果があるって言うから、どの世代にも有益なアミノ酸、それがアルギニン。

 

あれ待てよ、これってつまり、アルギニンだけで私のような性の悩みを持つ人には十分ってことじゃないか?って思いました。

 

だって、疲労回復効果と勃起力。ちょっと疲れてるときでも、睡眠時間が足りないかもっていうときも、本当にそういう効果があるのなら、わざわざギラギラした精力剤なんて買わなくてもいいじゃないか。

 

恥ずかしい思いして、ちょっとした不安を抱えてまでスッポンだのマカだのコブラだのに頼らなくても、高校時代から栄養ドリンクとして飲んでいたアルギニンで観光旅行とセックスどちらも楽しめるってことじゃないか。

 

私が求めているのは、例え疲れが溜まる状況でも、ゆっくりと時間をかけてセックスを楽しめる体だ。それこそが余裕だと思う。ただセックスをこなすんじゃなくて、行為として楽しみたいんだ。お互いに満足したいんだ。

 

アルギニンの一日摂取量

 

当然シトルリンについても調べてみたのだけど、私が惹かれるのはやっぱり少しだけど親しみのあるアルギニンでした。

 

シトルリンはアルギニンに比べるとペニス増大とか精力アップってことを全面に出しているサイトとかサプリが多くて、それじゃなんとなくマカとかスッポンと変わらないなって思ったってこともあります。

 

マカと言えば、アルギニンをはじめ多くのアミノ酸を含んでいるからこそ、精力剤のような働きをするみたいですけど、調べていく過程でクラチャイダムっていう植物のことも知りました。なんでも、アルギニンがマカの約2倍の含有量なんだとか。

 

へえ、やっぱりアルギニンって精力関係には重要なんだってまず思って、マカより強力ってなんかすごそうって後からじわじわと感じるようになりました。

 

このクラチャイダムを使ったサプリもあるみたいで、まさにそこでアルギニンがマカの約2倍って強調してたんだけど、2倍っていったいどれくらいなんだろう。

 

サイトに参考値が載ってて、クラチャイダム根茎100gあたり約1480㎎、だとか。1480㎎?

 

でも、アルギニンって、あのバイアグラの生みの親で、一酸化窒素が血管の拡張に効果あるってことを研究したイグナロ先生の話では、一日に5000㎎くらい摂らなきゃ効果ないよって話だったぞ。

 

クラチャイダム根茎100gって多分けっこうな量だよね。だってカプセル状一粒で、結構大きいのだってせいぜい3g。

 

じゃあそのクラチャイダムサプリの、形状は知らないけど一日あたりの推奨摂取量で、5000㎎に達するって絶対無理な話だろう。もちろんマカみたいに他のアミノ酸もバランス良く含んだ超栄養価の高い植物なんだろうけど、アルギニンがマカの二倍だからすごいってのはちょっと安直な気がしました。

 

それに、体の疲労を取って、血管を拡張させて勃起力を上げるって効果がアルギニンにはあるんだから、わざわざ色んなアミノ酸混ざったのでなくても、アルギニンに特化したサプリメントがあればいいじゃないと思ったのです。

 

それから、私のアルギニンサプリ探しが始まりました。

 

アルギニンの含有量と中和されてるかどうか

 

アルギニンの弱点は、副作用がある訳ではないけれど、アルカリ性だからだとかでたくさん摂取すると胃腸の荒れが起きる可能性があるってとこらしいです。

 

だけどたくさんって一体どれくらい?

 

一日5000㎎程度は必要っていうなら、それはたくさんのうちには入らないのでは?

 

だけど何となく500㎎とかなら問題ないけど、みたいな物言いが多いから、5000㎎では十分お腹を壊す可能性があると察しました。

 

なんでも、アルギニンを中和するために、リンゴジュースとかオレンジジュースとかと飲むと良いって情報もありました。とにかく中和しなくちゃいけないんですね。でも、アルギニンサプリってすごくいっぱいあるし、実際含有量とか中和されてるかどうかとかほんと分かりづらい。

 

疲労回復に、ダイエットに、男性の健康にとか色々売り文句は書いてあるけど、色々調べてしまった私にとってはそんなことよりはっきり含有量を教えてくれ、とにかく中和されてるかどうかを教えてくれという話です。

 

「アルギニン サプリ」じゃ話にならないから「アルギニン 5000」で検索したらドクターズチョイスのL-アルギニン5000プラスが先頭にヒット。

 

こうやって検索すれば早かったのか、「アルギニン 5000 中和」の方がよかったかなと思いながらサイトを見ると、アルギニン5000㎎、シトルリン200㎎、クエン酸でしっかり中和ってまずトップに書いてある。

 

え、分かりやす…。イグナロ博士推奨の成分配合ともちっちゃく書いてある。うわ知ってる、イグナロ博士。シトルリンも入ってるってうれしい。

 

しかも他のサプリのサイトみたいに、健康増進!とか、ダイエットに!とか書いてあるんじゃなくて、アルギニンとその他の成分の量とか中和についてとかが書いてある点も私にとっては回りくどくなくて非常に良い。

 

あれ、でもこの会社のページ前にも見たことあったような気がするけど、こんなに詳しく書いてあったかな…。そのときはアルギニンにあまり興味がなかっただけかな。

 

それにしても、私のために用意されたかのようなアルギニンサプリです。私は精力剤がほしかったんじゃない。もちろん精力を高めたかったんだけど、あくまで自然に性欲が湧くコンディションを整えたかったんだ。

 

こういうサプリメントがあるなら、うん、これでいいじゃないか。

 

私がアルギニンを選んだ理由

 

どんなときも、彼女とは楽しくセックスがしたいし、旅行で無理して帰って来てから生気無しみたいのが嫌だった。そのあとの仕事がと思うとなかなか行為に没頭できないし、さっさと済ませれば彼女は満足しない。

 

男としてもしっかりと勃起したペニスでなければ正直何をやってるか分からない。手応えなく、漫然と腰を動かしてるだけで、全然気持ちよくない。

 

若くてもそんなことはありますよね。

 

精力剤って私にとっては栄養の注射を打つイメージ。そのとき強制的に強くなって、それだけ。本当にセックスのためだけの点滴って感じ。

 

アルギニンが勃起力を上げるのは、アルギニンがシトルリンに変換される過程で一酸化窒素っていうガスが発生し、血管を広げ、血流を行き渡らせるから。シトルリンもアルギニンに変わるから、逆もまた然りのようです。

 

疲労が回復するのは、成長ホルモンの分泌を促して、睡眠中の新陳代謝なんかを活発にしてくれるから。

 

つまり、一言で言えば健康になるってこと。体中に栄養が行き渡り、睡眠の質が向上し、若々しくいられる。あーよく寝たって日の朝、ペニスはカチカチに勃起して、心地よくまどろんでいられるってこと、誰でも経験的に知っていると思います。しっかりリラックスして、血流が漲れば、ペニスはギンギンになるのです。

 

寝起きで、体がだるくて動けないんじゃなくて、深い眠りから自然に覚めて、体が活動し始めるときの充電されたエネルギーの重い感じ。きっと疲労が取れるってそういうことで、アルギニンはそんな風に私たちのコンディションを整えてくれる。

 

日ごろから摂取して体を整えるものだから、セックス前にどうこうじゃないってあたりもなんか下品じゃなくていいと思います。

 

決してセックスで女性を屈服させたい訳じゃない。ただ人生を充実させたくて、そのためには満たされたセックスは必須で、疲労の蓄積は最大の障害だ。

 

アルギニンは疲労回復ばかりでなく、直接セックスも応援してくれるアミノ酸です。

 

だからこそ、私はアルギニンを選んだわけですが、どうでしょうか、皆さんも精力剤の前にアルギニンを試してみませんか?

 

アルギニンサプリメントの選び方

 

アルギニンの一日の摂取量目安は3000mgから6000mgと言われています。

 

アルギニンは、体内ではわずかな量しか生産できないため、最低でも一日に3000mg以上を摂取することが望ましいです。

 

また、アルギニンと併用して下記のような成分を摂取すると、一酸化窒素の力がより強まると考えられています。

 

  • L-シトルリン、葉酸・・・アルギニンと併用することにより相乗効果が期待できる
  • ビタミンC、ビタミンE・・・一酸化窒素(NO)が酸化するのを防ぎ、一酸化窒素の生産量を上げる

 

これらのことから、アルギニンはそれ単体で摂取するのではなく、上記のような成分を一緒に摂取することが望ましく、より効果的なのです。

 

UCLAのルイス・イグナロ博士の研究により、一酸化窒素を強める成分の効果はしっかりと証明されています。 イグナロ博士は1998年にノーベル医学賞を受賞しました。心臓血管に関係する健康と一酸化窒素(NO)の効果を研究結果で明らかにしたことで、その功績が認められました。

 

また1990年には一酸化窒素と陰茎の勃起との関係性を示し、この研究結果によりファイザー社がバイアグラを開発。 そのためイグナロ博士はバイアグラの父とも呼ばれています。

 

様々なアルギニンサプリメントの中からより安全に、より効果的に使用するには、サプリメントをしっかりと厳選して飲用することが大切です。

 

女性 ドクターズチョイスが販売している「L-アルギニン5000プラス」という製品は、上記の条件を揃えているサプリメントです。 L-アルギニン5000プラスはスプーン1杯、12.5gに5000mgのアルギニンが含まれています。

 

アルギニンが高配合されているだけでなくL-シトルリンやビタミンC、ビタミンEやマグネシウム、葉酸やリボフラビン、リボースなど様々な成分が配合されているのです。

 

L-アルギニン5000はこの一つのサプリメントだけで、アルギニンだけでなく様々な成分を摂取でき、一酸化窒素の強化など嬉しい相乗効果が期待できるのです。

 

アルギニンは強いアルカリ性であり、そのまま飲むと食道や胃に炎症や消化器官障害を引き起こしてしまう可能性があります。

 

しかしL-アルギニン5000プラスはアルカリ性を中和する働きのあるビタミンCがたくさん含まれていますので、体に刺激を与えることなく安心して摂取することができるのです。

 

また、覚えておきたいアルギニンの知識ですが、アルギニンは就寝前に飲むことが一番効果的であるといわれています。

 

就寝前に飲むことで一酸化窒素のNO値を上げることができます。心臓発作はNO値が下がる朝に起こりやすいので、夜にNO値を上げることがどれだけ重要かということがわかるかと思います。

 

しかし、中にはアルギニンを摂取することで他の症状を発症してしまう可能性もあります。 ヘルペスウイルスがその代表例で、アルギニンを大量に摂取することによりヘルペスを発症する可能性が高まるのです。

 

ヘルペスウイルスを持っている方の場合は、アルギニンよりもリシンの摂取を心がけることが大切。アルギニンサプリメントだけでなく、リシンが高配合されたサプリメントを摂取すると良いでしょう。

僕がマカやクラチャイダムじゃなくてアルギニンを精力剤に使っている理由記事一覧

マカと男性機能マカといえば、男性に良い成分が多く含まれているとしてよく知られています。最近では女性もマカを使用するようになっていますが、やはり男性の方が使用している割合としては多いでしょう。男性のマカの効果というのは生殖機能の改善になります。年齢を重ねるにつれて生殖機能というのはどうしても低下してしまうものなのですが、マカを身体に取り入れることによって精子の数は増えていき、動き自体もよくなる、とい...

マカの持つ効果マカの効果というのは非常に様々なものが確認されています。ではマカにはどのような効果があるのでしょうか?まず疲労回復効果です。このマカの疲労回復効果というのは、マカに含まれているビタミンB1が疲労の蓄積を予防する体づくりをしてくれるのです。性機能アップもマカの持つ効果として代表的なものです。男性のEDを改善するうえで非常に効果的ですよ。不妊症の改善においてもマカの効果が期待されています...

マカと精力剤マカと精力剤を同じものだと思われている方も非常に多いと思います。しかし、この2つは実は全くの別物ですので、間違わないようにしなければなりません。どちらも精力増強という効果だけをみると同じもののように感じるかもしれませんが、効果や副作用は全く異なります。そもそもマカというのは健康食品の部類ですので、精力増強に特化しているわけではありません。あくまでも身体の調子を整える、という目的で販売が...

アルギニンL5000