アルギニンL5000

動きたくても動かない怠けた身体を何とかしたい人はアルギニンサプリを使おう

仕事も、家族とのプライベートも充実させることができる、家族にとって完璧な父親(もしくは完璧な母親)でいようとするのは大変に難しいことです。

 

家族のためには仕事を疎かにできないけれど、気がつくと仕事ばっかりになってしまって、家でできることや、直接的に家族のために出来ることはとても少ない。

 

仕事をいくら頑張っても、家族の喜ぶ顔を見られなかったら意味がない、と感じることはありませんか?

 

働き過ぎなのだろうか。

 

でも仕事も頑張りたいし、仕事を充実させたうえで、休みの日なんかに家族を旅行や遊びに連れていって楽しんだりしたい。仕事もこなし、家族の生活を充実させられる親になりたい。

 

そのための、時間的な余裕よりなにより、体力や気力が足りない。

 

仕事も、家族との時間も、どちらも同じくらい充実させるためにはどうしたら良いか。

 

アルギニンがその助けになるかもしれません。

 

数多くあるアルギニンサプリの中で特におすすめしたいのは「アルギニン5000プラス」という製品。

 

パウダータイプの水に溶かしてのむアルギニンサプリで、確実に一日5000㎎のアルギニンを摂取することができます。

 

目次

1.アルギニンとは何で、どうして疲労回復に役立つのか
・アルギニンは疲労回復効果を高める
・なぜアルギニンで疲労が回復するのか
2.アルギニンを摂取すれば仕事もプライベートも充実するのか
・アルギニンは無理をするための栄養ではない
・規則正しい生活を意識して
3.体力と気力の両方をアルギニンが補う
・体力だけじゃなく気力が必要
・気持ちから先に衰えていないか?
4.アルギニンをどのように使うか
・アルギニンで疲れが翌日に残らない体へ
・アルギニンの力を借りて、気力を回復するために行動する

 

1.アルギニンとは何で、どうして疲労回復に役立つのか

アルギニンは疲労回復効果を高める

 

アルギニンはアミノ酸の一つで、私たちの身体にはなくてはならない重要な栄養素の一つ。

 

ではなぜこのアルギニンの摂取が仕事とプライベート両方の充実に繋がるのか。

 

もっとも単純な答えを示すとすれば、アルギニンには優れた疲労回復効果があるからです。

 

あなたが、体の疲労がなかなか取れないなと感じるようになったのはいつ頃からでしょうか。

 

例えば幼い頃は、毎日学校で数時間の授業をこなし、クラブ活動や部活をこなし、暇があれば友達と走り回り、家に帰ってもずっと遊んでいたけれど、今感じているような疲れは感じなかったのではないでしょうか。

 

高校生くらいになっても同じ。それまでよりずっと高度な勉強と長い授業時間のあと、それまでより激しく長い部活動をこなし、それなりに激しい疲労に襲われたけど、それでも次の日の朝、今のような疲れを感じることはなかった。

 

それが、今では、いつまでも気だるい疲れが取れずにいる。確かに就業時間は長いけれど、その分、学生時代のように激しい運動をしている訳でもないし、睡眠時間だって極端に減った訳ではない。

 

若い頃とは回復力が全然違うと感じているはずです。

 

この回復力を支えるのが、アルギニンというアミノ酸で、好ましい効果を実感するには、最低でも3000㎎程度は摂取できると良いと言われているのです。

 

なぜアルギニンで疲労が回復するのか

 

回復力の高い若い頃の体と、なかなか疲れが取れない今の体との大きな違いはなんでしょうか。

 

疲労回復に関して言えば、もっとも影響が強い変化は成長ホルモンの分泌量です。

 

成長ホルモンは文字通り成長のために必要なホルモンですが、それ以上に私たちの体を回復させるために必要なホルモンなのです。

 

私たちの体が日々傷つき、壊れていくことは避けられません。常に古い細胞が死に、新しい細胞が生まれるというサイクルが繰り返されることで、私たちの体は常に新鮮な状態にメンテナンスされているのです。

 

よく若い人は新陳代謝が良いと言いますが、この代謝の際によく働くのが成長ホルモン。

 

しかし私たちは、成人すると極端に成長ホルモンの分泌量が落ちます。

 

個人差はありますが、30代に至る頃には3分の2から4分の1程度にまで減ると言われており、それ以降もどんどんと分泌量が下がっていきます。

 

アルギニンは成長ホルモンの合成素材である一酸化窒素を体内で作り出し、成長ホルモンの働きを阻害する因子であるソマトスタチンの分泌を抑える働きを持ちます。

 

このように、アルギニンは成長ホルモンの分泌と働きを助ける効果があるから、間接的に私たちの回復力を高める栄養となるのです。

 

2.アルギニンを摂取すれば仕事もプライベートも充実するのか

 

アルギニンは無理をするための栄養ではない

 

疲れやすく、また溜まった疲労が回復しにくい理由の一つに、成長ホルモンの分泌量の減少が関係しており、アルギニンは成長ホルモンの分泌を促すから、疲労回復効果に役立ちます。

 

では成長ホルモンの分泌を促すアルギニンを摂取すれば、それだけでたちまち体力が回復し、仕事もプライベートもばりばりとこなせるようになるのでしょうか?

 

残念ながら、そんなことはありません。

 

アルギニンを適量摂取し続けていれば、例えば寝起きが良くなるとか、いつもならダウンしていたところでもうひと踏ん張りできるというような、小さな実感が得られるかもしれません。

 

しかし、だからとってアルギニンを過信し過ぎてはいけません。

 

私たちにはいつも適切な休息と栄養が必要です。アルギニンは健康維持のために効果的な栄養素ですが、これさえ摂取しておけば休息も栄養も必要ないというものではないのです。

 

規則正しい生活を意識して

 

成長ホルモンは私たちが深い睡眠に入る夜中頃にもっとも活発に分泌されます。

 

寝ている間に体のメンテナンスやアップグレードをしてくれているのです。

 

よって、短い睡眠時間ではどうしても疲労が取れませんし、不規則さもバイオリズムの狂いが生じ、効果的なホルモンの分泌を妨げることになります。

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果がありますが成長ホルモンそのものではなく、成人した私たちのただでさえ減っていく成長ホルモンの分泌を維持する、あくまで補助的な栄養でしかないのです。

 

大人になるにつれて、いくら規則正しい生活をしていたとしても、成長ホルモンの分泌量はどうしても減少してしまいます。

 

この、どうしても減少してしまう分を補うのがアルギニンですから、まず規則正しい生活が基礎として整っている必要があるのです。

 

規則正しい生活を送るのが難しいという方もいるかもしれませんが、それはアルギニンでは解決できません。

 

規則正しいというのは模範的な生活というのに限らず、例えば忙しいからと言ってお菓子やインスタント食品で済ますのではなく、少しでもまともな食事を摂ろうと意識することや、無理に睡眠時間を削るような生活をしないことなども当てはまります。

 

3.体力と気力の両方をアルギニンが補う

体力だけじゃなく気力が必要

 

このページをご覧になっている方のお悩みは、おそらく、「動きたいけど動けない状態を何とかしたい」といったものなのだと思います。

 

例えば、休みの日は家族を旅行に連れていったり、ゆっくり買い物をしたいと思ってる。その気持ちはちゃんとあるんだけど、何せ体が動かない。

 

多分よく考えてみれば体力が足りない訳でもなく、もちろん病気な訳でもなく、気力が出ないのが困るのでしょう。

 

ではどうして気力が出ないのか。

 

重要なのは、体力を使うためには気力が必要なのだということ、そして、気力を使うためには体力が必要なのだということです。

 

そしてアルギニンは、サポート役として適切に使うことで、体力と気力のどちらもちゃんと回復させる力を私たちに与えてくれます。

 

気持ちから先に衰えていないか?

そもそも健康な身体であれば、それほど簡単に体力が枯渇することはないでしょう。

 

たいてい先に切れるのは気力の方です。歳を取ればそれはなおさらかもしれません。

 

気力が足りなくなると私たちの身体は体力があっても動けなくなるから、適度なところで自制します。気力に任せて動くと一時体力の消費を忘れてしまうということもあって、後が怖いからです。

 

大人になって、「やらなければならないこと」が増え、多くの気力が必要なことが増えていくと思います。

 

その大事なことに割く気力を維持するためにも、重要度の低い事柄は後回しにしてしまう。

 

それもこれも、少々休んだくらいでは体力や気力が回復しないという認識があるからではないでしょうか。

 

4.アルギニンをどのように使うか

アルギニンで疲れが翌日に残らない体へ

アルギニンを適度に、そして継続的に摂取することで、日々の回復力は高まります。

 

もちろん睡眠時間をしっかり確保していることや、食事から栄養を摂っていることが前提ではありますが、一日の疲れをその日に清算できる体が出来上がれば、後先を考えて気力の節約をする必要もなくなります。

 

せっかくの休みを家族サービスに充てたって、いつかやろうと思っていた家のメンテナンスに精を出したって、それが翌日に影響することはありません。

 

次の日の朝はちゃんと仕事をするのに必要な分の気力があります。

 

そして公私共に充実感を得られれば、さらに気力が充実します。

 

今までは、言わばこの反対のことが起きていました。

 

やろうと思ったことがなかなかできないという不愉快な事態、うまくできない事柄は、人から活発な精神力、つまり気力を奪います。

 

気力がないのを体力が足りないと思い込み、私たちはつい体を休めてしまうし、休むことが大事だと思ってしまう。

 

アルギニンの力を借りて、気力を回復するために行動する

本当に大事なのは、気力を養うために行動することです。自分はなかなか動けないと考えるより、自分はまだまだ動けると考えた方が、色々なことにやる気が出るのは当たり前です。

 

そして私たちは、意外に小さなことで気力が湧いてくるものでしょう。休みなのに早起きして洗車したとか、その程度で一日が充実してると思えることもあるのです。

 

洗車したら出かけたくなるかもしれない。来週はちょっと遠出しようかなと思うかもしれない。

 

アルギニンは、自分が思っていたよりずっと体力が持つこと、けっこうくたくたになるまで頑張っても、意外に次の日に響くことがないことを気づかせてくれるはずです。

 

活発に行動するための力を養うには、お酒を控えたり、お昼まで寝るのをよして掃除でもした方がよっぽど効果的であることにも気づくと思います。

 

アルギニンサプリで、「週末ぐったりの生活サイクル」がガラリと変わる瞬間を味わってみてはいかがでしょうか。

アルギニンL5000