アルギニンL5000

高血圧と食生活

 

高血圧の方というのは普段の生活の中で積極的に野菜を摂取するようにしなければなりません。
普段の食事で十分に野菜を食べられるのであれば良いのですが、そうではない場合にはスムージーを飲むようにしてみましょう。

 

そして、野菜に含まれるカリウムが非常に重要なのです。
これを多く摂取することによって体内の塩分排出に役立ちます。

 

そのため、葉物野菜でもあるほうれん草やブロッコリーを積極的に摂取するようにしてみましょう。
果物に関していえばカリウム重視なのであればバナナやキウイといったものがおすすめです。

 

また、高血圧の方に是非注目していただきたいのはオレンジです。
しかも皮ごとオレンジを食べてみてください。
食物繊維が豊富に含まれていますので、降圧作用はそこまで高くはありませんが、体調管理において抜群です。

 

ただし、あまり多く摂取してしまうと糖分が増加しますので、極端に果物を増やさない方が良いのです。
スムージーなどにして野菜と果物を積極的に摂取するようにすると無駄なく栄養素を体内に吸収することができますのでおすすめです。

 

スムージーであれば専用のマシーンに野菜を全部入れてから後は出来上がるのを待つだけ、ということも多いですので是非活用してみてくださいね。

 

高血圧と舌の異常

 

高血圧というのは日本人にとって非常に身近な病気の一つです。
高血圧を発症している方があまりにも多いために血圧が高いことが普通のことであると感じている方も少なくありません。
では、高血圧は発症して当然の病気なのでしょうか。

 

そんなことはありません。
薬をもらっている、ということは病気だと診断されているのです。
にも関わらず、高血圧で薬をもらっている場合には、なぜか軽く考えてしまいますよね。

 

この高血圧を軽く考えてしまう理由は、自覚症状がほとんどないからです。
身体に不調が出るわけではありませんし、すぐに倒れてしまうようなこともありません。

 

これこそ高血圧の一番恐ろしい、ということも言えます。
自覚症状が無いために、心筋梗塞や脳梗塞のような病気を発症してはじめて身体の危険に気付くのです。

 

この高血圧ですが高血圧を発症すると危険信号として舌に異変が起こることがあります。
舌の表面がツルツルとしていて、妙に光沢が出るようになります。

 

さらに、赤みが強いような場合には高血圧の症状が深刻化してしまっている可能性もあります。
このような症状が出ている場合には、できるだけ早く高血圧の症状を緩和できるように治療を開始するようにしてください。

 

高血圧と血圧

 

血圧が高くてなんとかしたい!
そのように思われている方も多いと思います。

 

そもそも血圧というのは血液の圧力、心臓から全身に送り出されている血液が血管にどれだけ圧力をかけているのか、ということを表しています。
この圧力が高ければ高血圧であるといえます。

 

血圧が高くなる原因というのはいくつも考えられるのですが、主な原因となっているのは塩分のとりすぎです。
塩分を摂り過ぎると血液の中に含まれているナトリウム量が増加してしまいます。

 

そうするとナトリウムの濃度を下げなければならないのでその結果、血圧が上昇するようになるのです。
また、血管壁にコレステロール溜まってしまうようになると血圧上昇の原因となることもあります。

 

血管にコレステロールが溜まると血管の内部が狭くなってしまい血液が流れにくくなってしまうのです。
そのため心臓がより強い圧力をかけてから血液を全身に送り込もうと強い圧力で血液を送り出そうとするのです。

 

このような状態が続いてしまうと、血管の壁は硬くなりますし、厚くなります。
そして動脈硬化になってしまうんですよ。

 

そのため、血圧が上がらないようにしっかりと心がけておかなければなりませんよ。
そしてすでに血圧が高いのであれば少しでも下げるようにしなければなりません。

 

高血圧で病院に行く

 

高血圧の疑いがあるからといって病院に行けば良い!
というものではありません。
高血圧というのは病院でも判断することが難しいものなのです。

 

この血圧というのは1日の中でも非常によく変動するものです。
高血圧の症状はもちろんそうなのですが、血圧というのは上昇しても自覚症状はないのです。

 

高血圧でない人の場合であれば問題はないのですが、高血圧の方というのは普段の高血圧状態であるうえに、そこからさらに血圧が上昇するのです。
そのため、非常に危険な状態になってしまうんですよ。

 

そのため、高血圧である場合には、不必要に血圧の上昇が起きないように工夫をしなければなりませんよ。
例えば、いきなり熱いシャワーを浴びてしまうと血圧というのは急激に上昇してしまうようになります。

 

そのため、シャワーはぬるめのお湯から浴びるようにしましょう。
さらに、温度差が激しい部屋を行き来するような時にも注意が必要ですよ。

 

また、高血圧というのはストレスの蓄積によっても起こります。
ストレスを感じると高血圧の原因になってしまいますので、普段からしっかりとストレスの蓄積を予防して、ストレスを発散できるようにしておかなければなりませんよ。

 

高血圧というのは簡単には改善できるものではありませんので、しっかりと意識をして高血圧を予防できるようにしましょうね。

 

高血圧と不眠

 

高血圧と不眠というのは関連性がないように感じるかもしれませんが、実は非常に密接な関係性があるのです。
通常は昼間活動しているのであれば交感神経が優位に働きます。
そして睡眠時は副交感神経が優位に働いています。

 

ただし、高血圧の状態というのは交感神経が優位な状態になります。
つまり、寝つきにくくなってしまいます。

 

しかも、不眠になるとストレスが蓄積されてしまい、ストレスが蓄積されれば高血圧にも大きく影響するようになります。
この悪循環になってしまうと簡単には状態を改善できなくなってしまいますので注意しましょう。

 

では、高血圧の方は寝る前にどのような注意点が必要なのでしょうか。
不眠の対策としてまずは喫煙です。

 

寝る前にタバコを吸うとニコチンが切れるようになります。
そして神経が高ぶってしまい血圧が上昇して深い睡眠に入ることができなくなってしまいます。
そのため、やはりまずは禁煙をするようにしなければなりません。

 

また、アルコールというのは摂取してから3時間程度が経過してから分解されます。
その時には交感神経が優位な状態になりますので、血圧が上昇して目が覚めてしまうようになるのです。
そのため、高血圧と不眠には深い関係性があるんですよ。

 

高血圧が怖い理由

 

高血圧が怖い、ということはよく耳にしますよね。
では、どうして高血圧が怖いのでしょうか。

 

それは、高血圧というのは重症化するまで自覚症状がほとんどないからなのです。
さらに、高血圧はさまざまなな合併症を引き起こしてしまう可能性が高いのです。

 

例えば、動脈硬化や心肥大、心筋梗塞や腎不全といった症状です。
このように高血圧が原因となって引き起こされる合併症というのは命に関係する病気が多いのです。
そして自覚症状がないまま症状が進行しますので、サイレントキラーと呼ばれることもあるんですよ。

 

特に動脈硬化に関していえば高血圧が動脈硬化が高血圧を悪化させている。
そのような悪循環を引き起こしてしまいますので、十分に注意をしておく必要があるのです。

 

また、高血圧を予防するには自分で健康管理をしなければなりません。
自覚症状があれば早期発見をすることができるのですが、合併症を発症している可能性というのは低くなります。
しかし自覚症状はほぼありませんので、それが高血圧の一番怖いところなんです。

 

自覚症状がないだけに高血圧の発見が遅れてしまい、病院を受診した時には重篤な合併症を引き起こしていた、ということも少なくないのです。
このような理由から、高血圧は怖いといわれているんですよ。

 

脳梗塞と高血圧

 

脳梗塞を発症する原因、そしてリスクが高い物としては高血圧が挙げられます。
そもそも高血圧というのはどのようなものなのでしょうか。

 

安静時でも慢性的に血圧が高いことをいいます。
この状態が続いてしまうと血管に負担がかかりますので、動脈硬化を引き起こすようになるのです。

 

脳梗塞の原因の中でも動脈硬化というのは非常に注意しておかなければならないのです。
実は、動脈硬化自体は自覚症状というのはほとんどありません。

 

そのため、知らず知らずのうちに動脈硬化が進行してしまい、血流が悪くなってしまうこともあります。
ただし、高血圧については自分で血圧を測った時に高血圧かどうかをすぐに知ることができます。

 

例えば病院で血圧を測った時に高血圧気味であるのであれば、血圧計を使用しての測定を普段からしっかりと行うようにしましょう。
そうする事で自分の血圧の変動、そして平均的な数値を把握することができます。
血圧というのはあまりにも多くの方が発症しているだけに、つい軽視してしまうものです。

 

しかし、高血圧も一つの病気である、ということをよく覚えておくようにしなければなりません。
普段から高血圧を予防、改善できるように心がけてください。

 

高血圧の原因

 

高血圧を発症する主な原因となっているのは、肥満、喫煙、塩分の過剰摂取、ストレスといったものになります。
肥満になると、循環血液量が増加するために心臓が血液を送り出すために必要な力の量が増えてしまいます。
そのため、血圧が増加するようになるのです。

 

そして、交感神経機能が亢進するようになり、血管が収縮します。
さらにインスリンへの抵抗性が高くなって等の代謝がスムーズに行われなくなり血圧が上昇するようになるのです。

 

また喫煙も高血圧の原因となります。
タバコに含まれるニコチンは、副腎髄質という部分を刺激します。
そのためアドレナリン、ノルアドレナリンなどといったホルモンの分泌量が多くなります。
その結果、血圧が上昇するようになるんですよ。

 

アドレナリンは、神経を興奮させるという脳内神経伝達物質の一種です。
心臓の働きを強めて血圧上昇に深く関係するのです。
また、ノルアドレナリンも神経を興奮させている脳内神経伝達物質の一つなのですが、交感神経を刺激して血圧、心拍数の上昇を引き起こす働きがあるのです。

 

そして塩分のとりすぎも高血圧の原因となります。
普段の生活の中で塩分を多く摂取しているような場合には食生活を改善して、塩分の過剰摂取を控えるようにしなければなりません。

 

高血圧と禁煙

 

高血圧の方というのは、喫煙という習慣は極力改善するようにしなければなりません。
当たり前のことではありますが、高血圧を改善するためには、喫煙というのは最も危険な行為です。

 

煙草が血圧にどう影響しているのかといえば、タバコに含まれているニコチンというのは体内に入ることでホルモンが変化し、交感神経を刺激して血圧上昇を引き起こします。
その時に一瞬血管を収縮させてしまうのです。

 

寝起きの一服において頭がクラクラする、という経験をしたことがある方もいると思いますが、それは脳内血管が収縮し、一酸化炭素が血液の中の酸素量を減少してしまい血液量が増加するのです。

 

つまり、血管が縮んだだけでなくさらに血流が増加することで高血圧の症状を悪化させてしまうのです。
こういった理由からも高血圧の方は禁煙をするようにしましょう。

 

ただし、喫煙者にとっては喫煙がストレス解消となっていることもあります。
そんな時には、高血圧であるとはいえ、禁煙によってストレスを感じてしまい、それが原因となって血圧を上昇させてしまうこともあります。

 

そのため、急に禁煙をするのではなく、少しずつ身体を慣らせながらストレスをできるだけ軽減しながら禁煙を成功させるようにしましょう。

アルギニンL5000