アルギニンL5000

三日坊主の筋トレ

 

あれ、筋肉がない。おなかの筋肉がない。ぷよぷよしてる。 これがたるむというやつか、と焦燥に駆られて腹筋なんかしてみても、落ちてしまった筋肉は簡単に取り戻せるものではありませんし、ついてしまった贅肉は簡単に落ちるものではありません。 そのときばかりは頑張って、腹筋も痛くなってなんとなくトレーニングしたつもりになって満足する。腕立て、腹筋を一日10回3セットなんて目標も立ててみますが、長くても一週間続けられればいい方で、多くの場合はだんだんとトレーニングの習慣からフェードアウトしていくのではないでしょうか。

 

趣味でジムに通ってトレーニングをしている人などを見るとさすがにそれなりの体格をしています。 なるほどジムに通えば器具も揃っているし他にやることもないし、周りも同じようにトレーニングばかりしているのだから続けられるかもしれない。お金を払うんだから無駄にできないし、意地でも活用してやろうという気にもなる。よし、ジムだ。

 

一念発起してジムに入会すると、それなりにやる気も湧いてくる。周りの目もあるからそれなりのスポーツウェアなんかも揃えて、割とストイックにトレーニングができる。

 

しかしそれでも、自分に甘くなる余地はまだあります。 次第にジム通いの自分に満足して、ノルマや負荷を釣り上げていくこともせず、良い運動をすることが目的になっていく。汗をかいたあとのシャワーが気持ちいい。疲れているときは無理をせず、サウナだけでもいいよねとなってしまう。 それでもいい運動を継続していて、ジム通いが続いているならいい方です。サウナだけの利用になったり、次第に疲れて週1のペースがやっとになったりする人は必ずいると思います。

 

中にはお金は払っているから月に一回は一応行っておかないと、という気持ちで通っている人もいるのではないでしょうか。 月に一回程度では、なんとなく本気でトレーニングするのも恥ずかしい。周りの人に「月に一回だけ頑張ってもしょうがないのに」と思われているような気がしてしまいます。実際に家で何もしてなかったらなおさらのこと。自分でも効果がないのは分かってる。そして退会。 そんな経験はありませんか?

 

体を鍛える理由

 

怠ける理由はいくらでもあります。ジムで頑張りすぎると仕事に差し支えるとか、ひざや腰に痛みを感じるとか、筋トレには休息も必要だとか。 どれもごもっともですが、それが怠けなのか適切な自己管理なのか、自分の胸に聞いてみればよくわかると思います。 ストイックな人は素晴らしいですが、しかし、どうしようもない意志の弱さもまた愛すべき人間の性です。

 

プロテインを飲んで重そうなバーベルあげてるムキムキの人を見ては、「あそこまでなりたい訳じゃないしなあ」と内心で考える。ちょっと良い体になりたいだけ。みっともなくなりたくないだけ。 できれば細マッチョみたいな感じになって、温泉でも海でもちょっと自信持って人に見せられるような体になればとは思う。最低みっともなくない体。最高で細マッチョ。プロレスラーみたいになりたい訳じゃない。

 

ちょうどよくなりたい。 出来れば、欲を言えば、それほど頑張ってる訳じゃないのに、自然に体が引き締まってるみたいな印象を与えたい。その方がなんとなく恰好良いから。 それで、「良い体してるね、なんかしてんの?」なんて聞かれたらこう答える。

 

週に2,3回はランニングするね、趣味だからトレーニングってほどじゃないけどそろそろ健康にも気を遣わなきゃいけないと思うし、ちょっと体動かすだけで実際すごい体調良くなるからね。 うん、こんな感じだ。実際にこれくらいの爽やかな感じを維持しつつ、理想の体を手にいれたい。これカッコいい。

 

鍛える理由なんて、スポーツ選手でもない限り格好良いと思われたいという程度のことだと思います。 健康のため、単純に筋肉を育てていく感じが好き、筋肉美のようなものに目覚めた、など色々な人がいるとは思いますが、そういう人は割とはじめからストイックにやっているものです。

 

トレーニングを思い立っては挫折を繰り返している人は、自分を高めたいけど怠けたい、頑張らないで(見た目には頑張っていないようなのに)恰好良くなって、ちょっとした優越感も味わいたい、という人間らしく愛らしい人なのだと思います。 何を隠そう、そんな人にちょうどいいアミノ酸が「アルギニン」なのです。

 

アルギニンの効果や効能

 

アルギニンとはアミノ酸の一種で、体内でたんぱく質を構成する働きがあります。 アルギニンは他のアミノ酸が変化し生成されるため、必須アミノ酸のように食事から摂取しなければいけない、というわけではありません。しかし、成長期や病気になったとき、またウイルスに感染した時など、体からアルギニンが求められることもあるのです。このような場合に体内でアルギニンが不足していると、健康な状態を維持できない可能性も出てきてしまいます。

 

 

体の健康を維持していくためには、アルギニンを意識して摂取することがとても重要なのです。 では、アルギニンには具体的にどのような効果があるのでしょうか。

 

 

アンモニアを尿酸に変える

 

タンパク質を食事から摂取すると、体内で代謝され、細胞に有害となるアンモニアが発生してしまいます。このアンモニアを無害の尿酸に変える働きがあるとされています。

 

一酸化窒素を生みだす

 

一酸化窒素は人間の体にとって非常に重要であり、血管や動脈を柔軟にし、高血圧や狭心症、心筋梗塞などにも有効に活用できます。また脳への血流も活発になるため、脳の活性化にも効果があると考えられています。そして血流を良くすることで勃起不全の改善にも役立てられると言われているのです。

 

成長ホルモンの分泌

 

アルギニンによって成長ホルモンの分泌が促されます。成長ホルモンには傷の修復力を高める効果があるとされています。

 

免疫力が高まる

 

胸腺という、心臓の上に位置する器官を刺激することにより、白血球を増やし傷や感染症の回復力を高めるとされています。

 

その他

 

若返りや美肌効果、老化防止や長寿などのアンチエイジング、またメタボリックシンドロームや糖尿病、糖尿病合併症や動脈硬化、動脈硬化性疾患、高血圧や心不全、勃起不全や薄毛、育毛などの生活習慣病にも効果があるといわれています。

 

不妊症や認知症、骨粗鬆症や感染症の予防効果も期待できます。

アルギニンL5000